「桜の森の満開の下」

野田歌舞伎『桜の森の満開の下』観てきました!怪しく美しく目が離せない、幻想的な世界。原作・坂口安吾、作 演出・野田秀樹、衣装・ひびのこづえ、息をのむ絵画のような美しい舞台に豪華な出演者。夢のような世界。



勘九郎、七之助、はまり役!
特に七之助の無邪気で美しく怖い「夜長姫」に魅了されました。夜長姫の倒れながら亡くなる姿がとびきり美しく、印象的でした。自分で再現してみましたが、かなり苦しい姿勢!そんな苦しさを1ミリも感じさせない美しさ、身体能力にあらためて拍手!

勘九郎の「耳男」の作品を生み出す苦悩にも共感。自分と重ねあわせて観てしまいました。

ひびのこづえさんの衣装は、王になった染五郎と巳之助さんのハンニャが好きでした。歌舞伎らしさの中に、色使いやラインでちゃんと「ひびのこづえさんらしさ」も感じられるデザインでした。



花道にも絵が!
ラストにでてくる桜をイメージしたピンクの布にも桜の花びらが表現されていて、こまかいところまで行き届く舞台美術は素晴らしかったです。
古代遊園地 の表現もステキでした。



自分史のベスト3に入る舞台でした。
カーテンコールで、歌舞伎座の幕がもう一度あがるのを初めてみました。
いつかまた再演してほしいです。



毎日休みなく、1日通しで色々な舞台(中には4種類も!)をこなす歌舞伎役者さんは超人だと思います。「桜の森の満開の下」のような古典じゃないものもあり、セリフはどうやって覚えるのだろう?お話がまざらないかしら?なんて思ってしまいます。
歌舞伎役者さん皆様お身体を大切に、この素晴らしい芸術・文化を伝承していってほしいと、心から思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

saiwaishimai

Author:saiwaishimai

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR