FC2ブログ

若冲と光瑤

オススメしたい展覧会が明日までと気付いて、焦って連投です。

石川県立美術館「若冲と光瑤」良かったです!

20180721212301b34.png


こちらも7/22まで。巡回はしないようです。

数年前に都美術館で開催された若冲展で3時間並んで、人の頭をかき分けながら観たことを思えば、北陸新幹線で2.5時間で金沢に来て、すいている中をじっくり間近で観れるこの展示はオススメです。

数は少なめながらも、充実した内容。
昔よく模写していた、若冲の水墨画の本物に会えて感動でした。
若冲の群鶏図と光瑤の模写した群鶏図が並んでいて、3往復くらいして観ました。
やはり若冲の方が良かったけど、若冲をリスペクトしていた光瑤の気持ちもステキでした。
光瑤がこの展示を観たら、どんなに幸せだろうなぁ、と想像しました。

また、光瑤の盛り上がるほど塗られた顔彩の作品が好みでした。もっと作品を観てみたいと思いました。

石川県立美術館の常設作品がまた充実していてびっくり。石川県ゆかりの作家の作品を中心に展示し、野々村仁清作の国宝「色絵雉香炉」もあります。さすが工芸が盛んな街、工芸作品のレベルが高い。そしてやはり前田家は凄い!と改めて思いました。



#saiwai#saiwaishimai
#kanazawa#若冲#光瑤
#Jakuchu#Koyo#gunkeizu
#ishikawaprefecturalmuseumofart #Artmuseum
スポンサーサイト

能登島ガラス美術館


石川県能登島ガラス美術館 へ。
今回の能登・金沢旅行の目的の1つ、「ガラスの植物園」を観る。

20180721211758aa3.png


和倉温泉駅前からバスに乗り、和倉温泉の町をぐるりと1周し、能登島大橋をわたる。
両脇が海で感動。海の中を泳ぐ様な感覚。

30分バスにゆられ、ついた能登島ガラス美術館 は、まるで宇宙基地のよう。小高い丘の上にあり、想像以上に凝った、モダンでステキな建築だった。建築家は#毛綱毅曠(もづな きこう)さん。

屋外にあるガラス作品を楽しむ。

「#ガラスの植物園」#佐々木類さんの作品。植物を高温のガラスに挟んで焼き、炭化させ白い灰にした、「土地の記憶を作品にとじこめる」作品。観たあとに余韻が残る作品。
この展示は7/22まで。

常設のガラス作品も素晴らしかった。
ピカソやシャガールなどの案をもとに、ヴェネチアのガラス工房で作られた造形、中国清朝時代のガラス工芸、ダリとドーム社との共同制作による作品が並ぶ。
ピカソやダリがデザインしたガラス作品は、見慣れた有名絵画を立体にしてガラスにしたようだった。

和倉温泉に向かう帰りのバスを待つ間に食べた、能登ミルクアイスがまた美味しかった!

あー、能登に来て良かった。





#saiwai#saiwaishimai
#risingdragon #Dragon
#能登#NOTO#japan
#能登島ガラス美術館#能登島#七尾市
#Glass#GlassArtmuseum#Artmuseum
#Spacestation#Spacy

土用丑の日

土用丑の日。
先日金沢で食べた「金沢茶屋」の加賀焼きのひつまぶし、香ばしくジューシーで美味しかったです!

20180720090828383.png



1膳目はそのまま、2膳目は薬味をいれて、3膳目は出汁と薬味で頂きます。

今年は暑い夏になりましたが、栄養とって、よく休んで、元気にのりきりましょう〜♪


八咫烏チャーム ✨


「熊野古道女子部」さんからご依頼頂き、巡礼プロジェクトのクラウドファウンディングの返礼品にと『八咫烏(ヤタガラス)チャーム』をつくらせて頂きました!
20180711095246f22.png


3本足の八咫烏は、熊野古道のシンボル。熊野の神のお使いとして導いてくれるといわれています。
スワロフスキー、水晶、グリーンフローライトを使用、両羽にはサンティアゴの泉で浄めた熊野ボタンがついています。
写真は泉山美代子さんがステキに撮影してくださいました。ありがとうございます!

キラキラ輝くsaiwai作のヤタガラスが、皆様のお役にたてますように!

★★★

クラウドサイト内で新着情報としてアップされています↓
https://readyfor.jp/projects/kumanogirl2018/announcements/81494



★★★
巡礼プロジェクト内容

以下、クラウドサイトより引用
日本とスペインー世界に2つしかない世界遺産の道ーよみがえりへの道ー
熊野古道とサンティアゴ巡礼道がつながる
世界にたった2つしかない、数百キロにおよぶ「道」の世界遺産──それが日本の熊野古道と、スペインのサンティアゴ巡礼道です。
この2つの道が、「姉妹道」だということをご存じでしょうか?
いずれも古来、「よみがえり」の力を求める人々の、願いや祈りを受けとめてきた道です。

折しも、今年は2つの道が姉妹道となって、20周年の節目の年。

私たちの人生をよみがえらせてくれた熊野古道に、恩返しがしたい──

そんな女子部員たちの思いから、今回の巡礼プロジェクトが生まれました。

■渡航期間:9月20日~9日29日
■道のり:スペインガリシア州 サリア〜サンティアゴ・デ・コンポステーラ
■総距離:約115km
■資金使途:渡航費用、動画制作費
■プロジェクトの目的:姉妹道であるサンティアゴ巡礼道を、熊野古道への恩返しの気持ちを込めて歩き、その様子を収めた動画を制作して、全世界に発信する。同時に、支援者から託された手紙をサンティアゴに届け、みんなの人生の「よみがえり」を祈念する。

今回の巡礼では、みなさまの願いや祈りを込めた手紙とともに歩き、聖地サンティアゴからの贈り物を持ち帰ります。歩くのが決して得意ではない3人ですが、みなさまに「よみがえり」の力を届ける思いで、一歩一歩、歩きたいと思っています。
そしてそれが、熊野古道とサンティアゴ、2つの道への恩返しになると信じています。

旅人は高森玲子さん(作家・プロデューサー)、miwakoさん(ジャズミュージシャン)、山田奈緒子さん(編集者)の3人。
この3人と一緒に歩いていただくイメージで──
応援をどうぞよろしくお願いいたします!


★★★

クラウドファウンディングページ↓
https://readyfor.jp/projects/kumanogirl2018




#saiwai#saiwaishimai
#wearableart #wireart #charm
#八咫烏#ヤタガラス#Yatagarasu
#lucky #happy
#熊野古道女子部#熊野古道#熊野
#ありがとうございます #感謝
#皆様に良いこといっぱいありますように✨

大磯へ

大磯へ、大人の遠足。
晴れ女が集まり、梅雨ということを忘れる快晴に。


ドレスコードは「リゾート」。
新作で青い綿麻レースの生地で上着、マザーオブパールでチョーカー、ブレスレット、ブルーの天然石でイヤリングをつくり、リメイクしたワンピースと、前につくった魚と蟹をつれていきました。

style="text-align: left;">20180626182033b83.png



アラディネット・あや先生オススメのビストロ「マチノアカリ」で、大好きな師匠の送別会。
お料理どれも美味しかったです。

2018062618215281e.jpg



浜辺へ。
走ったり、飛び跳ねたり。
砂浜を裸足で歩くのは何年ぶりだろうか。
ちょっと熱くて、でもさらさらしている砂浜って、なんて心地よいのだろう。

2018062618225868a.png


磯の香りに包まれながら、どこまでも続く海をながめました。

ステキな方々と、たくさん飲んで食べて光合成して、たくさん笑った、思い出いっぱいの1日。

20180626182403f4e.png
プロフィール

saiwaishimai

Author:saiwaishimai

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (75)
saiwai (104)
造形教室 (10)
夢工房 (65)
Cobushi Project (87)
others (51)
EAT (8)
ART (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR